そこまでして複垢にするのか?(デメリット)

複垢にするデメリット

・そもそもFF14において、複垢してまでしたいことがあるのか?という疑問。
・現実面での出費がアカウント分倍になる。(機材や月額料金、電気代等)
・メインキャラすら操作が散漫になる。
・印象が悪い。


・根本的に、複垢してまでしたいことがそもそもあるのか?という疑問。
 
 私は複垢操作という事自体が目的になりつつありますが、そうでない場合どうなんでしょう?
 色々便利にはなっていると思いますがその分操作が大変ですし、複垢にしただけでギルが稼げるわけでもありません。
 もちろん嗅覚のある方は金策の効率が段違いになるでしょう。
 やはり気楽さが一番でしょうか?
 FF11やDQ10は複垢でのメリットが大きかったように思いますが、FF14に関してはあまりメリットが思いつきません。
 PSO2は複垢が規約違反に変更されたらしい?

・現実面での出費がアカウント分倍になる。(機材や月額料金、電気代等)
 
 現実面での出費は、上記のもの以外にも、同垢内なら全キャラに送付されるインゲームアイテム等も、欲しい垢分だけ倍になります。
 話題になったいろはすはもちろん、サントラやコレクターズエデションの特典、ワンタイムパスワードトークンも倍必要となります。
 トークンのおかげで無料テレポ箇所が増えますが、ログインの手間も増えます。

・メインキャラすら操作が散漫になる。
 
 操作に関しましては、メインキャラを動かしつつ、複垢をマクロでの操作となるかと思います。
 クラフターは、増えたアカウント分だけ効率が上がりますが、戦闘は大変です。
 戦闘のマクロでの問題点は、/waitが整数でしか指定できないであるとか、ifがないのでPROCに対応出来ない等山積みです。
 メインキャラクターをDPSにしない限り、方向指定も難しいです。
 私の場合メインがタンクですので、方向指定するとしたらタンクが敵の向きを介護しなければなりません。
 ソルトアースやアサイラム等フィールド設置型のアクションがマクロで発動出来るようになっただけで感動するレベルです。

 /waitに関しては、ほぼ全てのアクションが3秒で指定するはめになりますので、手動に比べてかなり弱体化されます。
 その為スキルスピード、スペルスピード、へイストがDotダメージ上昇効果以外死にスキル、死にステータスとなります。
 疾風迅雷の効果が得られず、一度でも攻撃を外すと、型の仕様で次のスキルが発動すらしないモンクは致命的です。
 モンク程ではないですが、PROCがコンボに影響する機工士も難しいでしょう。

・印象が悪い。

 仕方ありません。規約に則り、自分自身の価値観で動くしかありません。
機材も四倍、熱も四倍、手間も四倍!

出費も四倍!



このページは随時加筆、変更等していきます。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿